海外旅行先ごとに気をつける事

海外旅行する国ごとに気をつける状況も色々と変わります。
ここでは、特に警戒しなければならない事例をアドバイスしています。


どの国でも気を付けるべき事


飲み水はミネラルウォーターを飲むようにする
外国の水をそのまま飲んでお腹を壊す事例はたくさんあります。
海外の水道水は飲まないようにしましょう。


パスポートを無くさないように
外国でパスポートを無くすと再発行の手続きに時間がかかるので、ツアー関係者に迷惑がかかり滞在費もかさんでしまいます。パスポートは落としたり、無くしたり、盗まれないように厳重に管理してください。


スリ、置き引きに気を付ける
治安の良い日本と違い、外国はお店やレストランなどでも置き引きが多く、人ごみに入るとスリに遭う確率が高くなり、たとえバックやリュックをしっかり持っていても気づかない内にナイフで切られ貴重品を盗まれてしまいます。
わずかな時間でも荷物は置かず、人ごみには入らないようにすること。


料金を高くされる
海外のタクシーや飲食店などは相手が日本人旅行者だと気づくと高めに料金を請求することがあり、あらかじめ利用するサービスの料金を調べておきましょう。


日本語を話す知らない人に気を付ける
海外旅行先の日本語で話しかけてくる現地の人は注意してください。
日本語を話せるので、つい気を許してしまいますが、無理やり商品を買わされたり、頼んでいないサービスをされ、料金請求をされたりする被害が出ています。




グアム旅行
グアムは日本人観光客が多く、現地の人も日本語で呼び込みをしてきますが安易について行ってはいけません。お店は事前に安全か調べてから入るようにしてください。

日本人観光客が多いと女性は男性観光客の人に声をかけられることがあります。
海外旅行中で開放的になり相手が日本人なので気を許しがちになりますけど何があるかわからないのでついて行かないようにしましょう。





サイパン
サイパンは日差しが強く外出する際には帽子をかぶり日焼け止めを塗りましょう。
汗をかくので着替えは多めに用意すると良いです。